民族植物学講座

「第13回雑穀栽培講習会」

2011年5月7日(土)〜5月8日(日)
●時  間: 開始 13:00、 現地終了 12:30、 現地集合・解散
(西東京バス利用の方は奥多摩駅10:55発に乗車で、小菅の湯11:48着です。バス停にお迎えします。)

●会 場 : 山梨県北都留郡小菅村(体験農園内の見本畑、植物と人々の博物館等)

● 参 加 費 : 一般非会員 実費として 13,000円(教材費+宿泊費+温泉代+保険代)
        友の会会員 実費として 10,000円(教材費+宿泊費+温泉代+保険代)
          学   生 実費として   5,000円(教材費+宿泊費+保険代、朝食は自炊)

● 宿 泊 先 : 「廣瀬屋旅館」。学生はログハウス。

●プログラム(予定):
5月7日(土)
11:48        西東京バス小菅の湯に到着(バス停にスタッフがお迎えします。)
12:00        受付開始(中組研修施設:開始まで休憩や持参の昼食をとれます。)
13:00~16:00  講習会開始(体験農園内見本園)
             挨拶 木下善晴 (植物と人々の博物館長) 
             雑穀栽培実技講習 
             雑穀の栽培概要の解説  中川智・岡部良雄(雑穀栽培後術顧問)
             雑穀の種播き作業をしながら、畑作に関わる伝統的な智恵のお話を伺い
             ます。
16:00        小菅の湯・物産館 +旅館へ移動 
18:30        夕食 廣瀬屋
19:30~21:00  民族植物学セミナー① (廣瀬屋旅館)
             在来品種と伝統的知識の重要性 木俣美樹男(研究員)

5月8日(日)
7:00         朝食 廣瀬屋 +中央公民館へ移動
8:30         民族植物学セミナー② (中央公民館)
             植物と人々の博物館展示見学解説       
9:00~12:30   民族植物学セミナー③ (中央公民館調理室)
             調理実習:アカモロうどんと山菜てんぷら 
             講師 廣瀬和章・晴彦(廣瀬屋旅館主人父子)
             ※モロコシ(高粱)は小菅村の地方名で「アカモロ」と呼ばれていま
             す。
             ピンクの綺麗な手打ちのうどんを作ります。
12:30        終了・解散


[申し込み・お問合せ]

植物と人々の博物館(NPO法人自然文化誌研究会)
〒409-0211
山梨県北都留郡小菅村中央公民館内 

東京事務局 (担当:木俣・井村)
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学 環境教育実践施設内
TEL.042-329-7666 FAX.042-329-7669 MAIL.imupho@u-gakugei.ac.jp




報告
雑穀栽培実技講習、民族植物学セミナー、アカモロうどんと山菜てんぷらの調理実習を開催しました!
詳細はPDFにて