植物と人々の博物館の由来と活動

 2003年10月16日に雑穀在来品種を保存、普及することを目的に設立したミレット・コンプレックスは、第1回雑穀栽培講習会を2004年5月に行い、地域の栽培技術顧問の指導により雑穀在来品種を保存し、理解を深めるために雑穀文化セミナーを開催してきました。第5回雑穀栽培講習会(2006年5月)からこの活動は「植物と人々の博物館」の事業として引き継ぎました。

プロジェクトの目的

エコミュージアム日本村のコアミュージアムが「植物と人々の博物館」です。植物と人々をめぐる伝統的智恵を受け継ぎ、秩父多摩甲斐国立公園内での山村振興モデルを提案します。
 小菅村を訪れると、美しい自然、採りたての山川の幸、雑穀や野菜の在来食材、郷土の伝統料理、心地よい温泉をゆったりと楽しむことができます。そのうえ、植物と人々をめぐる絵本、農林業の実用書、料理書、植物誌、植物学の古典書など良い本にめぐり会えます。

プロジェクトの主体

 小菅村のミューゼス研究会と東京学芸大学環境教育実践施設民族植物学研究室が中心になって進めています。ミューゼス研究会はエコミュージアムづくりの具体的な企画や将来計画を検討しています。山梨県小菅村教育委員会の承認の下に中央公民館内に置かれ、日常管理業務はNPO法人自然文化誌研究会に委託しています。

植物と人々の博物館 メンバー

名誉館長
山田卓三(兵庫教育大学名誉教授)
館長
加藤増夫(小菅村文化財審議委員)
友の会会長
鈴木善次(大阪教育大学名誉教授)
友の会副会長
降矢英昭(小菅村村長)
雑穀栽培技術顧問
岡部良雄(丹波山村)
中川智(上野原市西原)
伝統的知識伝承顧問
青柳顕勇(小菅村小永田)
奥秋忠俊(小菅村白沢)
加藤増夫(小菅村東部)
河村三代吉(小菅村小永田)
木下栄治(小菅村橋立)
木下景利(小菅村橋立)
木下善晴(小菅村橋立)
小泉守(小菅村川池)
小島力(小菅村田元)
島崎邑平(小菅村田元)
杉田一夫(小菅村中組)
船木四郎(小菅村中組)
船木かね子(小菅村中組)
船木長子(小菅村中組)
船木米子(小菅村中組)
守重敏夫(小菅村長作)
守重洋作(小菅村長作)
守屋あき子(小菅村中組)
顧問研究員
安孫子昭二(考古学)
研究員
井村礼恵(環境教育学)東京学芸大学/鶴川女子短期大学
井上典昭(生物学)高校教員
石川裕子(民族植物学)京都大学
岩渕裕子(環境科学)国立環境研究所
大崎久美子(民俗学)小学校教員
大澤由実(民族植物学)ケント大学
川上香(民族植物学)東京江戸東京博物館
木俣美樹男(民族植物学、環境教育学)東京学芸大学
佐々木由香(植物考古学)株式会社パレオ・ラボ
塚原東吾(科学史)神戸大学
西村俊(触媒化学)北陸先端科学技術大学院大学
西村祐士(民族植物学)山口県
洞口正史(考古学)群馬県
和田綾子(環境教育学)東京学芸大学
事務局長
木下純子(小菅村村会議員)
連携推進室長
黒澤友彦(NPO法人自然文化誌研究会事務局長)

logo_tomo.gif

植物と人々の博物館 友の会

植物と人々の博物館友の会会員を募集しています。
ご一緒にエコミュージアム・博物館づくりをしましょう。

LinkIcon友の会申し込みフォーム

ご寄贈・ご寄付のお願い

有志の方々に植物製民具や植物学の古書などのご寄贈やご寄付を広く呼びかけまています。

ご寄贈・ご寄付について