イベント

環境フォーラム2021 in こがねい (環境楽習館 ほか)

2021.10.26.更新


 小金井環境フォーラムにて、ささやかな読書会を行います。参加者は数名程度としますので、ご希望の方は担当者にメールをください。交通などご案内します

日時:20211118(木)13301530
場所:小金井環境楽習館、小金井市武蔵小金井駅から歩いて数分。
話題:街を耕す、先達明峯哲夫の著作をめぐって
担当者:木俣美樹男kibi20kijin@yahoo.co.jp
ご参考まで参加費などはありません。
課題図書:明峯哲夫2016、生命を紡ぐ農の技術、コモンズ、東京。1800

1.先達明峯哲夫の関連著作リスト(森とむらの図書室)
1)たまごの会1979、たまご革命、三一書房、東京。
2明峯哲夫1979、われらが世界の創造を、湯浅欽史発行、東京。
3明峯哲夫1985、やぼ耕作団、風濤社、東京。
4明峯哲夫1990、ぼく達は、なぜ街で耕す、風濤社、東京。
5明峯惇子1991、生命の声にきく暮らしへ、風濤社、東京。
6明峯哲夫1993、都市の再生と農の力、学陽書房、東京。
7明峯哲夫・石田周一編著1996、街人たちの楽農宣言、コモンズ、東京。
8明峯哲夫2016、生命を紡ぐ農の技術、コモンズ、東京。
その他:講座農を生きる、など多数の論考がある

2.略歴公表から整理
1946年 埼玉県生まれ。
1968年 北海道大学農学部卒業。
1970年 北海道大学大学院農学研究科修士課程修了。
1972年 同博士課程中退。
19721974年 栃木県河内農場で有機農業(山岸式農業養鶏法)を研修。
1974年 茨城県でたまごの会八郷農場(消費者自給農場の創設と運営に参加。
1980年 東京都国分寺市に移住、農業生物学研究室主宰。
1981年 東京都国立市でやぼ耕作団を結成。やぼ耕作団代表。
1984年 日野市に移転。都市内の耕作をより重層的に充実するために、近郊山間地に親農場を構想し、神奈川県藤野町や山梨県上野原町で土地探しを続けたが実現しなかった。
1997年 やぼ耕作団解散。埼玉県鶴ヶ島市に移住。市民のための農学校などで講義。
2011年 NPO法人有機農業技術会議の代表理事。
2013年まで 予備校で生物学を教える。
2014年 逝去

3.課題図書8)の概要
4.個人的な思い出